スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

本のなかの美術館

今日は晴天。降水確率0パーセント。
家のなかにいるのがもったいない・・と思われる日差しのなかでブログを書いています。

太陽の光・・
時にまぶしすぎて、自分のなかの闇がよけいに浮き彫りにされることもあるけど
冬の寒い日に、部屋のなかに入ってくる光はただただ心地よくて、とても好き。

作業部屋はほとんど光が入らない場所なので、
「日差しにあたりたい」誘惑に襲われつつ・・でも革ものづくり、進んでます。
セミオーダーの製作&発送や、onganオリジナルの試作、など。。
静かな日常です。

今日は大好きな本を載せて、それではまた。

Stig_Lindberg.jpg

北欧スエーデンの陶磁器デザイナー、スティグ・リンドベリ作品集。
いろんな素材や形、ユーモアにあふれる作品のオンパレード。
去年、たまたま書店で見つけて、開いて、感動・・
私は定価で買えたけれど、ネットでは、中古で定価よりも高く売られてました・・
けれどとても好きな作品集なので、載せてみました。

スティグ・リンドベリが所属していたグフタフスベリ社には、
リサ・ラーソンもいたのですよね。
スティグ・リンドベリがリサ・ラーソンをスカウトしたそうです。

両者の作品集(そのなかのインタビューなど)を見ると、
それぞれにお互いの存在がリンクしていて、そういうのを感じられるのもうれしい。
最近、お二人の作品集を交互に眺めてます♪

スポンサーサイト

2013.01.11 | | コメント(0) | 文化関連のこと

モノづくりと空想と

どんより曇り空だった名古屋。ブログを書きながら今、晴れまがでてきました。

今日は鏡開き。
あまり意識していなかったけど、朝食にちょうどお餅(お汁粉)を食べたので
行事を味わった気分になりました。


最近の革ものづくりは、オーダーメイド製作。

少し前に初めて、革すき機(革の厚みを薄くするための機械)を修理していただいた。
以前よりぐぐっと快調に動くようになって、うれしい・・

内部の構造や修理の仕方を教えていただいたので
次回からはある程度自分でできますように・・(希望)


上段: ミニ・ポシェット
下段左: 模様や色を選択していただいた小物たち
下段右: 三日月入りの絵本ポーチ

最近製作したものたちでした。(ありがとうございました)
それではまた

------------------------

久しぶりに本棚から取り出した本。
ターシャ・テューダーの言葉「思うとおりに歩めばいいのよ」
リサ・ラーソン作品集

artist-book.jpg

本を眺めながら、その生活や場所を空想・・くつろぎのヒトトキでした

2012.01.11 | | コメント(2) | 文化関連のこと

ジュエル キャット

ここ最近は、オーダーメイド製作期間。

じっくり向き合いたかった製作を行い中だったり(とてもユニークなバッグなのです)
新たな製作のお話し合いが進んだりしています。

昨日は、実際にお会いしての話し合い。
最初は少しおすまし気味だったイメージ案が
お互いにリラックスしていくなかでナチュラルな案に変わってゆきました。

クリエイトなお話などいろいろ伺えたこともうれしかった。

お会いして話し合えることは、とても貴重で実りある時間。
メールだけでのやりとりでも、こんなふうにできたら・・

---------------

読書の秋にちなんで、最近お気に入りの絵本を記録。

「Jewel cat」 おかだ なおこ



表紙にとても惹かれて手にとってみたら
「モノづくり」や「革」にもとても縁のあるお話で、びっくり。
出会いのご縁を感じました

2011.10.07 | | コメント(0) | 文化関連のこと

秋の夜長

日がぐっと短くなってきて、肌寒くなってきて、
あぁこの季節がやってきたな。と思うこのごろ。

秋といえば、食欲の秋、読書の秋、芸術の秋・・など言われるけれど
今日はそれらにちなんだ秋話を。

芸術の秋といえば・・最近、あいちトリエンナーレの会場にいくつか足を運んで、
アートや表現の広さにとても驚いた。
わーっ!と驚いて感動して、ココロが生きてることを噛み締めた。

トリエンナーレ、もうすぐ閉幕(10月おわりまで)ですね。
また、予定されている3年後にも行われるといいなぁ。

------------------------------------

続きは、食欲の秋、読書の秋、のコラボ話。

久しぶりに読みたくなって本棚からだしたのは
シャンソン歌手である石井好子さん著の「東京の空の下オムレツのにおいは流れる」

cook_book.jpg

洋食を中心とした料理が、日常の風景とともに紹介されています。

本当に楽しく料理して味わっているのが伝わってきて、
海外の香りも味わえてワクワクしてくる。
この本の世界に入り込むのが好きだったな。
10年ぶりくらいに読み返した今も、おなじ気持ちになった。

著者の石井好子さんはこの夏、お亡くなりになったけれど
今から25年も前に書かれたこの本は、今も色あせない香りと共に生きている。
すごいな。。

------------------------------------

続きの秋話を書きたかったけれど長くなってしまうので今回はこのへんで。

最後に、最近つくったお子さま用のポシェット画像を載せて、それではまた。
これは、創作の秋画像。と名づけてみよう。

flower_porch.jpg

母と子で共用して持てるかも・・を少し意識して。

2010.10.26 | | コメント(0) | 文化関連のこと

アルケミスト

ずーっとずっと、読みたいと思っていた本「アルケミスト ~夢を旅した少年~」をついに読んだ。
日々ちょこっとずつ読み進めていたらどんどん惹きこまれていって
しまいには、早くつづきを読みたいがために早起きまでしてしまった。

羊飼いの少年が、エジプトのピラミッドに向けて旅するなかで
さまざまな出会いや別れから、人生の知恵を学んで行く物語。

さまざまな試練を乗り越えて運命を切り開いていく少年の勇敢な姿に感動・・。
物語の随所に、しっかり心にとめておきたい大切なメッセージが散りばめられていた。
そのなかのひとつ、

「何かを強く望めば宇宙のすべてが協力して実現するように助けてくれる」

これは、いまの私には実感としても感じられること。
強く想うことの大切さ、昔はピンとこなかったのです。
それほど強く想ったことがなかったから。
でも今はそれがとても大切なことだとわかる。

日々の、あきらめてしまっていることたちに目を向けなおしてみよう・・と思った。
それらが実現していることを想像するだけでも、なんだかエネルギーがわいてくる。
きっと、そのエネルギーこそが実現に近づく第一歩、なんだね。

・・いろんなことを感じたなかで一部分しか感想を書けなかったけど、
愛と勇気の物語。読んでよかった

グッときた言葉に付箋紙を貼りながら読み返していたら、序盤から付箋紙だらけに・・

今日は雨。明日も雨らしい。
作業に集中しよう☆☆☆

2010.05.19 | | コメント(2) | 文化関連のこと

«  | ホーム |  »

プロフィール

ongan

Author:ongan
革ものづくりonganの、手作りの日常

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。