スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

作ろう

最近作っていたリュックの製作が終わったので
6/20のクリエーターズマーケットに向けての作品づくりを始めています。

小銭入れやキーホルダーなどお気軽に使っていただけるモノを中心に作るつもり。

今日は雨。
雨音と音楽のハーモニーを聴きながら製作中。

晴れの日の作業は、外と中の温度差からか得体の知れない寂しさが襲ってくることもあるけど、今日の雨音はとても心地よくて包まれている感じ。不思議と落ちつく・・
風が強くなってきてヒューヒューいってる午後2時すぎの日記でした。


落書きした紙を切って遊んでみましたの図。作ろう


------------------
先日読んだ「アルケミスト」の著者つながりで「ピエドラ川のほとりで私は泣いた」を読み始めた。続きが気になってしかたないです。

スポンサーサイト

2010.05.24 | | コメント(0) | 日々のこと

アルケミスト

ずーっとずっと、読みたいと思っていた本「アルケミスト ~夢を旅した少年~」をついに読んだ。
日々ちょこっとずつ読み進めていたらどんどん惹きこまれていって
しまいには、早くつづきを読みたいがために早起きまでしてしまった。

羊飼いの少年が、エジプトのピラミッドに向けて旅するなかで
さまざまな出会いや別れから、人生の知恵を学んで行く物語。

さまざまな試練を乗り越えて運命を切り開いていく少年の勇敢な姿に感動・・。
物語の随所に、しっかり心にとめておきたい大切なメッセージが散りばめられていた。
そのなかのひとつ、

「何かを強く望めば宇宙のすべてが協力して実現するように助けてくれる」

これは、いまの私には実感としても感じられること。
強く想うことの大切さ、昔はピンとこなかったのです。
それほど強く想ったことがなかったから。
でも今はそれがとても大切なことだとわかる。

日々の、あきらめてしまっていることたちに目を向けなおしてみよう・・と思った。
それらが実現していることを想像するだけでも、なんだかエネルギーがわいてくる。
きっと、そのエネルギーこそが実現に近づく第一歩、なんだね。

・・いろんなことを感じたなかで一部分しか感想を書けなかったけど、
愛と勇気の物語。読んでよかった

グッときた言葉に付箋紙を貼りながら読み返していたら、序盤から付箋紙だらけに・・

今日は雨。明日も雨らしい。
作業に集中しよう☆☆☆

2010.05.19 | | コメント(2) | 文化関連のこと

思い出のバッグたち

バッグを収納している戸棚をあけると、バッグと共にいろんな思い出がよみがえってくるな。
今日も戸棚をあけたら、フワーッとよみがえってきたので
思い出ぶかいものの写真を撮ってみました。


これは10年くらい前に、大好きなセレクトショップで一目ぼれして買ったもの。
当時は仕事で疲労感がただよう日々だったけど、
休日にこれを持って出かけると自然にワクワクしてくるくらい、お気に入りでした。
バッグに興味を持つきっかけとなった、大切なもの。

このバッグとの出合いがあったから自分でも作ってみたい・・と思うようになって、
同じ時期に近所のミシン屋さんでいきなり職業用ミシン(中古)を購入した。
memory-2.jpg
それまでの私にとっては一番の大きな買い物。
ミシンには大の苦手意識があったのに買ってしまったけど、
もんもんと停滞している日々のなかで
未知なる世界が開けるような気がしてワクワクしました。

当時住んでいた、賃貸マンション(一人暮らし)の部屋にこのミシンが到着。
狭いのでイスを置けなくて、ベッドの足先のほうをイス代わりにしてミシンを踏んで・・
苦手だと思ってたけど真っ直ぐに縫えることがわかって嬉しくて、
モクモクと没頭できるのが嬉しくて、
そして初めて作った布バッグがこちら。
memory-3.jpg
なつかしいな・・。生地選びも楽しかったな。

ひょんな出合いやキッカケから、今もこうしてバッグ作りしている。
「こうなりたい」と思う方向に風は吹いているんだ・・
ということを感じさせてくれる、思い出のバッグたちです。

2010.05.12 | | コメント(0) | 想い

手作り陶器

先日、「土岐美濃焼きまつり」に行ってきました。
毎年G.W.中に行われるもので、多くの窯元や作家さんたちが出展する野外の陶器祭り。

昨年は行けなかったので2年ぶりの訪問。
カケてしまったり、割ってしまったり、
食事するなかで"あったらいいな"と思うタイプのお皿を購入してきました。
最終日に行ったので、何枚かまとめて買うと驚くような安さにしてくれるお店が多くて
感謝、感謝・・。

本当に、いろんなタイプの陶器を一度に観れるのでうれしい。
G.W.中に陶器に興味のある関東(実家方面)のお友達が遊びに来てくれたら、
迷わず連れて行きたい・・と思う大好きなイベントなのでした。


☆購入したなかで心に残る陶器を記録。


「御深井 (おふけ)」という焼き方の小皿。
青い釉薬をぐるっと一周塗ると、お皿の中心に向かって液がタラ・・と流れていくので
自然にこの模様ができあがるんだそうです。
中心のガラス質の模様は、釉薬に含まれるガラス成分でできたもの。
青い釉薬を一周塗っただけで、こんな涼しげな模様が
偶然にも出来上がってしまうなんてすごいな。。と感動しての購入です☆

dish-2.jpg
花柄がやさしいお椀。
「お花が大好きなお母さんが10年前からいきなり絵付けを始めて今に至っているんですよ」
と、窯元の娘さんがお話ししてくれました。
優しいお花の絵柄が満載の窯元「丹山窯」。

dish-3.jpg
左:パスタ&ミート皿。「日向畑窯」http://www.mizushin.com/
右:小ぶりのプレート。楕円形のお皿は、何かと便利でお気に入り。

---------------------------
---------------------------

昨日は、一宮で行われた物づくりのお祭り「杜の宮市」へ。
陶器、Tシャツ、革小物、絵葉書、手織り・・などなど
いろんな物づくりされてる方たちが出展されてました。
私は、あるコミュニティでフレンドの作家さんのブースへ行くのを目的に。

物づくりをとおしての触れあいっていいな・・。
ホクホクとした気持ちで家に帰ってきました。
さて、私も製作がんばろう☆

2010.05.10 | | コメント(0) | 手作りとの出合い

自然のアート

G.W.中。今日は晴天。本当に気持ちのよい一日だった。

日中、家の周りに生えているたくさんの雑草を刈った。
クワを使って土を掘りおこしながら、できるだけ根っこから刈ってゆく。

カツッ、カツッ、と勢いよくクワで土を叩く。
日ごろのやるせなさやモヤモヤも一緒に
えいっ、えいっ、と叩き壊していくような感覚になってきて
この作業の激しさはロックだなと、ふと思った。

このロックな作業にエンジンがかかってしまい、モクモクとやっていたおかげで
雑草が生い茂っていた場所がかなりきれいになりました。
二日後あたりに、足腰の痛みがこないことを祈ります

さて。そんな作業のなかでも楽しいことは起こるもので、
赤い葉っぱの生えた幹を根っこから抜いてみたら
生き物みたいに見えたので記念に写真をパシャ。



ヒョロっとした足があって、写真では見えづらいけど口ばしもついている。
目はマジックで私が描いてしまったもの。
自然のアートって本当におもしろいな。

art2.jpg

2010.05.03 | | コメント(0) | 日々のこと

«  | ホーム |  »

プロフィール

ongan

Author:ongan
革ものづくりonganの、手作りの日常

カレンダー

04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。